Vゾーンデザイン ブラジリアンワックス脱毛

見えないオシャレ!Vゾーンのセルフデザイン脱毛

Vゾーン デザイン

ブラジリアンワックスでVゾーン脱毛。ちょっとしたデザインがあるのをご存知ですか?

 

普通に毛の量を減らして整えたり、ツルツルにしたり(ハイジニーナスタイル)というのがトップ2だとは思いますが、実はまだまだあるのです。

 

 

でもデザインというだけあって自分でやるのは難しいデザインもあります。どうしも気に入ったデザインだというときはブラジリアンワックス脱毛サロンにお願いするとうのも一つの手かもしれませんね。

 

ではどういったデザインがあるのでしょうか。

 

 

逆三角形型(トライアングル)

Vゾーンデザイン 逆三角形型
これは結構一般的な形ではないでしょうか。元々女性のアンダーヘアは逆三角形に近い形になっていることが多いので、小さな逆三角形に整えるといったほうがわかりやすいかもしれませんね。
ですが、この三角形の大きさや残す場所の位置をおへそ寄りに残すなど、個性も出せるデザインといえます。

 

 

縦長方形型(ランディングストリップ・ツーフィンガー)

Vゾーンデザイン ライディングストリップ
縦に長方形に残すデザイン。ライディングストリップは指1本分くらいの太さを残すもので、ツーフィンガーは名の通り指2本分を残すデザイン。一度手入れをするとラインがまっすぐなので次の手入れも比較的楽だといいます。

 

ですが、この手のデザインはのっぺりとした印象があり「のり」が一枚くっついているかのようということで、かなり好みは分かれるようです。

 

オーバル型

Vゾーンデザイン オーバル型
オーバル型は楕円形に毛を残すというもの。自分でやるにはカーブを作らないといけないので、難易度が高そう。
小さめに残すのがポイントのようです。オーバル型はワックス脱毛サロンですとメニューにもあったりします。

 

ハート型

Vゾーンデザイン ハート型
文字通りのハート型。自分でやるならオーバル型よりさらに難易度が高そうで失敗の危険性も。おそらく慣れないと、なんだかわからない形になってしまいそう。でも彼氏に喜んでもらえると人気のデザインだそうです。

 

ハイジニーナスタイル

Vゾーンデザイン ハイジニーナ ブラジリアンスタイル
これはデザインというかまったくツルツルになくしてしまうタイプです。ブラジリアンスタイルともいいますね。外人さんの多くがこのタイプです。とにかくケアが楽だとかで日本人男性にも認知されつつあり、光脱毛サロンでも今ではコースがあったりします。アンジェリカワックスの得意とするとこでもありますね。もちろんIラインもOラインもなくしてしまうのが普通です。

 

 

 

 

おそらくまだ違ったデザインがあるはずですが、ポピュラーなものを書いてみました。

 

自分で挑戦する前に必ずうまく毛が抜けるコツを掴んでからやってみてください。
ワックスでデザイン脱毛をする前に、まずは他の部位でうまく脱毛できるようになっていましょう。

 

 


>>アンジェリカワックスを使って脱毛してくれるサロン

 

 


>>自分で挑戦、アンジェリカワックスの購入

 

 

 

 


Vゾーンワックス脱毛のデザインいろいろ関連ページ

VラインとVゾーン脱毛
自分で出来るようになると今後悩まなくてよいVラインとVゾーンの自己処理脱毛。ブラジリアンワックスを使ってやってみました。(画像あり)目に見える場所だから思いのほか、やりやすいかも。水着やきわどい下着を着用したくなるかも。
難関!?Iラインのワックス脱毛
自分で自己処理できるの?と疑問があるIラインの脱毛。ブラジリアンワックスを使って脱毛をやってみました。その際の効果的な体勢・やり方やポイントなどを書いていきます。痛みはそれなりにあります・・
Oライン(お尻の穴周り)のワックス脱毛
Oラインのブラジリアンワックス脱毛に挑戦。位置的には辛い箇所だけれども、説明書どおりにやったらできました。やり方や使う物について書いていきます。